欧文情報を見る


原著
広島県において見いだされたツツガムシ病多数例の臨床的および疫学的解析
1)福井医科大学・輸血部, 2)広島市立安佐市民病院・皮膚科, 3)福井医科大学・免疫学寄生虫学, 4)福井医科大学・第一内科
岩崎 博道1), 矢野 貴彦2), 金子 栄2), 江木 素子2), 高田 伸弘3), 上田 孝典4)
(平成12年9月26日受付)
(平成13年1月10日受理)
Key words: tsutsugamushi disease, Orientia tsutsugamushi, Leptotrombidium scutellare
要旨

 広島県西部において,1990年からの10年間に63例のツツガムシ病が発生し,多くは太田川中流域に集中していたが(55例,87.3%),うち30例(47.6%)は広島市安佐北区にみられた.臨床像では,3主徴として,刺し口(84.6%),発疹(97.6%),およびリンパ節腫脹(88.9%)をみた.また,38.1%が肝機能障害を合併し,末梢血塗抹標本を検討できた例では,90.9%に異型リンパ球が確認された.発症時期の明らかな全61例において,90.2%(55例)が,9~12月の発症であった.一方,太田川中流域におけるツツガムシの採集で,タテツツガムシの生息が確認できた.また,安佐北区に発症した1例においては,同ツツガムシ親和性のKawasaki型優位の抗体価の上昇を確認した.以上から,広島県におけるツツガムシ病の臨床像は,従来の報告と比較して,大きな相違はみなかったが,この地域でのツツガムシ病はタテツツガムシ媒介性であることが強く示唆された.

〔感染症誌 75: 365~370, 2001〕
別刷請求先:
(〒910-1193)福井県吉田郡松岡町下合月23-3
福井医科大学医学部附属病院輸血部 岩崎 博道

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です