欧文情報を見る


原著
飲料用井戸水中のHelicobacter pylori存在に関する疫学的検討
1)大分医科大学医学部医学科, 2)大分医科大学附属病院総合診療部, 3)大分県厚生連鶴見病院, 4)大分医科大学医学部感染分子病態制御講座
今西 康次1), 緒方 健志1), 松塚 敦子1), 田崎 貴子1), 藤岡 利生2), 明石 光伸3), 牧野 芳大4), 西園 晃4)*
(平成14年1月21日受付)
(平成14年9月26日受理)
Key words: Helicobacter pylori, water-borne infection
要旨

 慢性活動性胃炎,消化性潰瘍の原因のみならず,その長期にわたる感染が胃MALTリンパ腫や胃癌の発生にも関係すると考えられているHelicobacter pyloriの感染経路については口―口,糞―口感染,特に飲料水がその主なものと考えられているが不明な点も多い.今回,大分県内で飲用に供されている井戸水中のH. pylori混入の可能性を探るために,同県内39箇所43検体の井戸水(開放式,閉鎖式,湧き水式)について,H. pylori特異的PCR法と培養による検討を行った.その結果,ureA遺伝子領域で4カ所,16SrRNA領域で1カ所,H. pylori遺伝子が検出されたが,培養ではいずれも陰性であった.これよりH. pyloriの飲料水,特に井戸水を介した感染の可能性が改めて示唆された.

〔感染症誌 77: 18~23, 2003〕
別刷請求先:
(〒879-5503)大分県大分郡挾間町医大ヶ丘1-1
大分医科大学医学部感染分子病態制御講座 西園 晃

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です