欧文情報を見る


原著
第89回日本感染症学会学術講演会座長推薦論文
静注用人免疫グロブリン製剤が(1→3)-β-Dグルカン測定結果に及ぼす影響
新潟大学医歯学総合研究科呼吸器・感染症内科
茂呂 寛, 古塩 奈央, 番場 祐基, 小泉 健, 張 仁美, 青木 信将, 林 正周, 津畑 千佳子, 坂上 亜希子, 佐藤 瑞穂, 坂上 拓郎, 小屋 俊之, 田邊 嘉也, 菊地 利明
(平成28年6月7日受付)
(平成28年9月12日受理)
Key words: (1→3) β-D-glucan, intravenous immunoglobulin, false-positive
要旨

 [目的]静注用ヒト免疫グロブリン製剤(以下,IVIG製剤)が,(1→3)-β-Dグルカン(以下,β-D-グルカン)の測定結果に及ぼす影響を明らかにする.[方法]国内で使用可能なIVIG製剤7種に含有されるβ-D-グルカン濃度を,各製剤3ロットずつ(ファンギテックGテストMKII,以下MKII法),βグルカンテストワコー(以下ワコー法)を用い測定した.また,新潟大学医歯学総合病院で2012年1月から2013年12月にかけてIVIG製剤が使用され,その前後でβ-D-グルカンが測定されている成人例を対象に,β-D-グルカン値の挙動を検討した.[成績] IVIG製剤ごとにβ-D-グルカン含有量は大きく異っていた(MKII法:7.3~300以上pg/mL,ワコー法:3.5以下-288.8 pg/mL)が,ロット間での違いは限定的であり,製造工程での混入が推定された.2種類の測定キットによるβ-D-グルカン測定結果間の相関係数rは0.90と一定の相関が見られた.調査の対象となった臨床検体51例(年齢中央値64歳,男性60.1%)中,他の要因を除外し,IVIG製剤投与によるβ-D-グルカン偽陽性と考えられた症例は5例(9.8%)で,β-D-グルカンの最高値は57.1 pg/mL,使用前後の変動幅は最大で44.5 pg/mLであった.[結論]IVIG製剤の種類によりβ-D-グルカン含有量は大きく異なっていた.IVIG製剤の投与によると推定される血清β-D-グルカン値の偽陽性率は9.8%であった.またIVIG製剤投与後の陽性予測値は37.5%と低値であり,IVIG製剤使用後のβ-D-グルカン測定結果の解釈には注意が必要と思われた.

〔感染症誌 91: 1~6, 2017〕
別刷請求先:
(〒951-8510)新潟市中央区旭町通1-757
新潟大学医歯学総合研究科呼吸器感染症内科 茂呂 寛

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です