欧文情報を見る


原著
本邦での蜂窩織炎の起因菌,および適切な抗菌薬選択の検討
総合病院土浦協同病院皮膚科
盛山 吉弘, 岩本 和真, 片桐 正博, 結束 怜子
(平成29年6月29日受付)
(平成29年11月14日受理)
Key words: cellulitis, erysipelas, β-hemolytic Streptococcus, community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus, antimicrobial therapy
要旨

 皮膚軟部組織感染症(skin and soft tissue infection:SSTI)は単一の疾患ではなく,多種の異なる疾患が含まれている.膿性の浸出液や膿瘍腔がみられない蜂窩織炎は,血液培養,穿刺等による局所培養のいずれも検出率は低く,直接的に起因菌を同定できないことが多い.蜂窩織炎の主な起因菌は,β溶血性連鎖球菌(β-hemolytic Streptococcus:BHS)と考えられているが,これは血清学的検査および抗菌薬への反応性による.一方,膿性の浸出液や膿瘍腔がみられるSSTI(purulent SSTI)では,近年,市中獲得型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus:CA-MRSA)が最も多く検出されると報告されている.

 Purulent SSTIと蜂窩織炎は別の疾患であり,米国のガイドラインには重症例を除く蜂窩織炎の初期治療にCA-MRSAを対象とする必要はないことが記載されている.しかし,蜂窩織炎の起因菌が不確実であるという医療者の不安から,実際には抗MRSA薬を含めた広域の抗菌薬が,蜂窩織炎に対しても乱用され,問題となっている.

 これらの検討は主に米国でなされてきたが,我が国ではどうであろうか.今回自施設の症例を,前向きに集積して検討を行った.101症例のうち,BHSの関与は60例(59.4%)で確認された.また,101症例全例で,CA-MRSAに対する抗菌薬は不要であった.

〔感染症誌 92: 115~119, 2018〕
別刷請求先:
(〒300-0028)茨城県土浦市おおつ野4-1-1
総合病院土浦協同病院皮膚科 盛山 吉弘

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です