欧文情報を見る


原著
アフリカ地域派遣国際協力機構ボランティアにおける迅速診断検査と血液塗抹検査によるマラリア診断の結果不一致に関する後方視的分析
1)独立行政法人国際協力機構国際協力人材部健康管理課, 2)東京医科大学病院国際診療部, 3)東京都保健医療公社豊島病院感染症内科
鈴木 直子1), 井上 康子1), 宇野 いづみ1), 宮崎 朋子1), 水野 泰孝1)2), 廣江 ひろみ1), 相楽 裕子1)3)
(平成28年11月28日受付)
(平成30年4月6日受理)
Key words: malaria, Rapid Diagnostic Test (RDT), Sub-Saharan Africa, volunteer
要旨

 アフリカ地域に派遣されたJICA青年海外協力隊員(以下隊員)における現地でのマラリア診断に際し,迅速診断検査(Rapid Diagnostic Test,以下RDT)と血液塗抹標本の顕微鏡検査(以下鏡検)を実施した場合,その結果が一致しない事例が散見されていた.そのため我々はアフリカ地域におけるマラリア検査不一致例について後方視的に調査し,隊員の健康管理対策を再検討することとした.現地にて,隊員本人または現地医師がマラリアと判断し治療を開始した33例を分析したところ,RDTと鏡検を併用したケースは22例,うち両者の結果が不一致だったものは12例(55%)で,一致した10例(45%)を上回った.予防薬の内服状況や臨床経過,検査結果により,現地担当医またはJICA顧問医が最終的にマラリアであったと診断したものは33例中24例で,最終診断と検査結果の一致率は,RDTで96%(20/21例),鏡検で80%(12/15例)であった.なお,RDT陽性・鏡検陰性9例のうち,鏡検実施前スタンバイ治療薬開始6例は,治療薬の影響を考慮して鏡検実施例数から除いた.わが国ではマラリアの診断は鏡検により行われ,RDTはあくまで補助診断の位置付けにすぎない.しかし,医療環境整備が不十分な開発途上国ではWHOもRDTの有用性を認め推奨しており,このような地域においては,医療機関における鏡検のみに頼るのではなく,RDTの併用を積極的に推進することが隊員の健康管理上有用であると考えられる.

〔感染症誌 92: 533~537, 2018〕
別刷請求先:
(〒102-8012)東京都千代田区二番町5-25 二番町センタービル2F
独立行政法人国際協力機構国際協力人材部健康管理課 宇野 いづみ

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です