欧文情報を見る


原著
当院小児入院患者における市中感染型MRSAの分子疫学解析
1)京都府立医科大学附属病院臨床検査部, 2)京都府立医科大学感染制御・検査医学教室, 3)京都府立医科大学小児科学教室, 4)国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンター
木村 武史1), 安本 都和1), 倉橋 智子1), 山田 幸司1), 谷野 洋子1), 京谷 憲子1), 廣瀬 有里1), 小森 敏明1), 児玉 真衣2), 藤友 結実子2)4), 中西 雅樹2), 家原 知子3), 藤田 直久2)
(平成30年2月13日受付)
(平成30年8月6日受理)
Key words: Community-acquried MRSA, Staphylococcal cassette chromosome mec, sequence type, PCR-based open reading frame typing (POT)
要旨

 1990年代以降,入院歴などのリスクを持たない人が市中で感染する市中感染型MRSA(CA-MRSA)の蔓延が世界的に問題になっている.近年,院内でのCA-MRSA増加も報告されてきており,当院でもPCR-based ORF typing(POT)法の導入後,小児入院患者でのCA-MRSA推定株の優位を確認した.しかしその疫学は不明な点が多い.そこで2003,2008,2013年において当院小児入院患者より分離されたMRSA株を対象にMRSAクローンの細菌学的特徴および疫学を把握する目的で,SCCmecタイピング,multilocus sequence typing(MLST)等の分子疫学解析による検討を薬剤感受性,病原因子検索を含め実施した.SCCmec型は2003年以降,NewYork/Japanクローンを中心とするII型からIV型への転換が進行し,2013年には入院株中IV型の割合が78.6%に達した.また入院IV型46株のうちST8が82.6%,CC8が93.5%を占め,同時に少なくとも7種類のクローンが推定された.病原因子についてはPVL産生株は認められなかったが,入院IV型46株中10株(21.7%)よりtstが検出された.いずれもST8で,そのうち9株は潜在的に病原性が高いとされるST8 CA-MRSA/Jと推察された.POT法については,POT1値とSCCmecII型,IV型,CC5,CC8との間にそれぞれ一定の関連性が認められることを確認した.今後,クローンの動向を把握することは感染症診療や感染対策の基礎として重要性を増すと考えられる.またPOT法は,限界はあるが日常検査としてそれらを補完する分子疫学解析法として有用である.

〔感染症誌 92: 855~862, 2018〕
別刷請求先:
(〒602-8566)京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465
京都府立医科大学附属病院臨床検査部 木村 武史

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です