欧文情報を見る


原著
HIV検出ウエスタンブロット診断薬の評価とわが国におけるHIV検査における使用法の検討
国立感染症研究所エイズ研究センター
草川 茂
(平成30年5月1日受付)
(平成30年11月12日受理)
Key words: HIV-1, HIV-2, confirmatory test, Western blot
要旨

 2013年から2015年に収集した国内HIV-1陽性89検体と市販の抗HIV-1/2抗体陽性パネルに含まれる34検体を用いて,HIV-1とHIV-2それぞれのウエスタンブロット診断薬であるラブ ブロット 1とラブ ブロット 2の性能とHIV-1/2陽性検体に対する交差反応性について評価を行った.ラブ ブロット 1を用いた国内HIV-1陽性検体の検出に大きな問題はなく,Envのバンドだけを用いるWHO基準に比べ,Envのバンドに加えGag p24のバンドも用いるCDC基準に従うと,HIV-1陽性と判定できる例が95.5%から98.9%に増加した.一方ラブ ブロット 2との交差反応を検討した結果,添付文書に記載の判定基準では12検体がHIV-2陽性と判定されHIV-1/2鑑別不能となったが,WHO基準ではこれらはすべてHIV-2判定保留となった.抗HIV-1/2抗体陽性パネル検討の結果,ラブブロット1で測定しWHO基準で判定した場合に比べ,CDC基準で判定した場合にHIV-1陽性検体の検出感度は46.2%から84.6%に高まったが,HIV-2陽性13検体中6検体(46.2%)がHIV-1も陽性と判定されたため,HIV-1/2鑑別不能となった.我が国におけるHIV流行の状況を考えると,確認検査法としてまずラブ ブロット 1を用い,ラブ ブロット 1陰性又は判定保留で,HIV-1核酸増幅検査が陰性の場合,HIV-2感染リスクも考慮した上でラブ ブロット 2を用いて確認検査を行うことが推奨されるが,ラブ ブロット 1とラブ ブロット 2を並行して使用する検査フローで,ラブ ブロット 1/2をHIV-1/2鑑別診断の目的で使用する場合は,WHO基準を用いるのが望ましいと思われる.

〔感染症誌 93: 12~17, 2019〕
別刷請求先:
(〒162-8640)東京都新宿区戸山1-23-1
国立感染症研究所エイズ研究センター 草川 茂

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です