欧文情報を見る


症例
痂皮生検除去後に形成された血痂から病原体DNAが検出された日本紅斑熱の1例
1)岡山済生会総合病院内科, 2)岡山大学病院消化器内科, 3)岡山県環境保健センター, 4)馬原アカリ研究所
大道 俊介1), 川上 万里1), 高島 真理1), 原田 亮一1), 藤岡 真一1), 池田 房雄2), 木田 浩司3), 松岡 保博3), 岸本 寿男3), 藤田 博己4)
(平成30年5月21日受付)
(平成30年10月24日受理)
Key words: Japanese spotted fever, blood crust, polymerase chain reaction (PCR)
〔感染症誌 93: 21~24, 2019〕
別刷請求先:
(〒700-8511)岡山県岡山市北区国体町2-25
岡山済生会総合病院内科 川上 万里

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です