欧文情報を見る


原著
小児マイコプラズマ肺炎患者におけるトスフロキサシン・トシル酸塩内服後の急性腎障害
1)博慈会記念総合病院小児科, 2)帝京大学医学部小児科, 3)小山小児科・耳鼻咽喉科医院
田島 剛1)2), 宮下 英将1), 三重野 孝太郎1)2), 佐藤 恭弘2), 澁谷 義彬2), 小山 哲3), 飯塚 雄俊1)
(平成30年12月21日受付)
(令和元年5月15日受理)
Key words: acute kidney injury, antimicrobials, tosufloxacin tosilate, Mycoplasm pneumoniae pneumonia, child
要旨

 重篤な感染症に罹患した小児が,急性腎障害を示すことはまれではない.しかし,マイコプラズマ肺炎で急性腎障害を認める症例は稀である.

 我々は,マイコプラズマ肺炎患者において高度な腎障害を呈する児を経験した.この症例を契機に,マイコプラズマ肺炎患者の腎障害に着目し,投与されていた抗菌薬との関係を後方視的に診療録より調べた.マイコプラズマ肺炎の診断は,臨床症状,胸部単純X線写真像,およびペア血清による血清学的な抗体上昇で行った.

 2015年4月から2016年3月までに上記の診断基準に従って,博慈会記念総合病院小児科を受診した230例のマイコプラズマ肺炎患者について血清クレアチニン値を調査した.患者の年齢は8カ月から15歳までで,男女比は1:1.05(男児112例,女児118例)であった.前投薬の有無の検討では,抗菌薬の前投薬なし88名,βラクタム薬63名,マクロライド系薬43名,ニューキノロン系薬33名,そしてテトラサイクリン系薬が3名であった.

 血清クレアチニン値を検討した230名中トスフロキサシン・トシル酸塩を投与されていた32名中4名(12.5%)のみがAKI(急性腎障害)診療ガイドライン2016に示されているAcute Kidney Injury Networkの判断基準の一つである血清クレアチニン値が基準値の2倍を超えていた.抗菌薬投与なし群,βラクタム薬群,マクロライド系薬群,テトラサイクリン系薬群の患児では,異常変動を疑う基準値の1.5倍を超える症例はいなかった.なお,日本人小児の血清クレアチニン値の基準値はUemuraらの報告によった.トスフロキサシン・トシル酸塩小児用細粒は,2009年に承認され,2017年に小児マイコプラズマ肺炎の適応が拡大された.しかし世界的にはニューキノロン系薬は小児に適応が少なく,使用経験が少ない.今回の検討から,トスフロキサシン・トシル酸塩の使用には腎機能への注意が必要であると考えられた.

〔感染症誌 93: 643~648, 2019〕
別刷請求先:
(〒123-0864)東京都足立区鹿浜5-11-1
博慈会記念総合病院小児科 田島 剛

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です