欧文情報を見る


症例
細菌検査室実習で腸管出血性大腸菌(EHEC)による感染を起こした2例の検討
1)横浜市立市民病院感染症内科, 2)自衛隊横須賀病院内科, 3)横浜市立市民病院細菌検査室, 4)横浜市衛生研究所微生物検査研究課
澤木 賢司1), 佐々木 裕明1)2), 堀内 弘司1), 宮田 順之1), 藤代 夏純3), 小菅 葉子3), 北尾 泉3), 松本 裕子4), 吉村 幸浩1), 立川 夏夫1)
(平成31年3月20日受付)
(令和元年5月30日受理)
Key words: laboratory-acquired infection, enterohemorrhagic Escherichia coli (EHEC), infection control
〔感染症誌 93: 655~658, 2019〕
別刷請求先:
(〒240-8555)神奈川県横浜市保土ケ谷区岡沢町56
横浜市立市民病院感染症内科 立川 夏夫

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です