欧文情報を見る


原著
第93回日本感染症学会学術講演会座長推薦論文
新生児侵襲性B群連鎖球菌感染症防止を目的とした妊産婦スクリーニング検査および予防方法に関するアンケート調査
1)公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院小児科, 2)公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院感染症科, 3)公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院臨床検査部, 4)公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院呼吸器内科, 5)大阪大学呼吸器免疫内科学
羽田 敦子1)2), 辻本 考平2)5), 中塚 由香利2)3), 宇野 将一2)3), 小林 賢治2)3), 丸毛 聡2)4), 加藤 健太郎1), 秦 大資1)
(令和元年10月4日受付)
(令和2年4月22日受理)
Key words: group B Streptococcus, mother-to-child transmission, intrapartum, antibiotic prophylaxis, enrichment broth, compliance
要旨

 【背景】日本では新生児侵襲性B群連鎖球菌(Group B Streptococcus以下GBS)感染症防止のため,2008年に予防プログラムが開始され,日本の2011~2015年調査での罹患率は早発型0.09,遅発型0.12/1000出生であった.産婦人科診療ガイドライン―産科編2017改訂版(GL2017)では,妊娠35~37週に膣と肛門内からの培養検査を行い,GBS保菌妊婦には分娩時に抗菌薬の静脈投与,培養にはGBS選択分離培地を推奨している.GL2017策定後の実態調査はなされていない.

 【目的】各産科施設のGBSスクリーニング検査方法の実態を調べるため,アンケート調査を行う.

 【方法】米国Vanderbilt大学開発データ集積管理システムREDCapにより情報を集積する.各施設での検体採取時期,部位,培養法,予防的抗菌薬投与法など11項目について分娩を取り扱う産科施設からの回答をREDCapに入力し,解析した.

 【結果】430施設中237施設より回答を得た(55.1%).うち50施設はGL2017で推奨されている35週以降に培養を実施しておらず,141施設は同推奨の膣と肛門内の2か所から採取されていなかった.分娩時に予防的抗菌薬を静脈内投与していたのは214施設(90.3%)であった.培養方法は直接法127施設,増菌法64施設であった.GL2017推奨の,妊娠35~37週に膣,肛門内2か所からの培養検査を行い,保菌妊婦の分娩時に予防的抗菌薬静脈投与していた施設は,77施設(32.5%)であった.このうち,GBS検出率が最も高く,米国で推奨されているGBS選択増菌培地を採用している施設は15施設(6.3%)であった.

 【結論】早発型GBS感染症の発症を最小限にするため,適切な妊婦GBS保菌スクリーニング法のガイドライン遵守とGBS選択増菌培地の採用による検出率向上が望まれる.

〔感染症誌 94: 654~661, 2020〕
別刷請求先:
(〒530-8480)大阪市北区扇町2-4-20
公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院小児科,感染症科 羽田 敦子

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です