欧文情報を見る

2002 Vol.76 No.11目次

原著
長期有熱患者におけるQ熱リケッチア(Coxiella burnetii)保菌の頻度ならびに臨床症状の検討
袴田 康弘, 石川 由紀子, 長岡 宏美, 秋山 真人
〔感染症誌 76: 901~910, 2002〕
原著
下痢原性大腸菌における付着因子保有状況とそれに基づく大腸菌検査法の一考察
小林 一寛, 勢戸 和子, 八柳 潤, 斉藤 志保子, 寺尾 通徳, 金子 通治, 芹川 俊彦, 倉本 早苗, 藤沢 倫彦, 鈴木 理恵子, 山崎 貢, 林 賢一, 松根 渉, 安岡 富久, 堀川 和美, 村上 光一, 河野 喜美子, 山田 亨, 伊藤 健一郎
〔感染症誌 76: 911~920, 2002〕
原著
赤痢アメーバEntamoeba histolyticaEntamoeba disparの鑑別診断におけるMultiplex-PCR法の有用性
阿部 仁一郎, 木俣 勲, 井関 基弘
〔感染症誌 76: 921~927, 2002〕
原著
前立腺肥大症または神経因性膀胱を基礎疾患とする尿路感染症患者に対するファロペネム1回300mg,1日3回,7日間投与とレボフロキサシン1回100mg,1日3回,7日間投与との臨床効果に関する比較試験
村谷 哲郎, 飯原 清隆, 西村 武久, 稲富 久人, 藤本 直浩, 小林 とも子, 山田 陽司, 高橋 康一, 松本 哲朗
〔感染症誌 76: 928~938, 2002〕
原著
口腔内細菌に対するニューキノロン系およびマクロライド系抗菌剤の効果
江口 徹, 清水 康光, 古畑 勝則, 福山 正文
〔感染症誌 76: 939~945, 2002〕
原著
小児のA型およびB型インフルエンザに対するoseltamivirの効果
三田村 敬子, 菅谷 憲夫, 韮沢 真理, 新庄 正宜, 武内 可尚
〔感染症誌 76: 946~952, 2002〕
臨床
フィリピンへの団体旅行で感染したデング熱の3症例
徳田 敦子, 多部田 弘士, 杉戸 一寿, 高崎 智彦, 山田 堅一郎, 倉根 一郎
〔感染症誌 76: 953~957, 2002〕
臨床
右下肢擦過傷から菌血症および他臓器障害を呈したA群連鎖球菌感染症の1例
福岡 麻美, 富永 正樹, 青木 洋介, 林 真一郎, 長澤 浩平
〔感染症誌 76: 958~962, 2002〕
臨床
点状出血で発症し,後にgloves and socks症候群と伝染性紅斑を呈したヒトパルボウイルスB19感染症の1例
佐藤 厚夫, 梅沢 礼美, 黒澤 るみ子, 梶ヶ谷 保彦
〔感染症誌 76: 963~966, 2002〕

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です