欧文情報を見る

2006 Vol.80 No.1目次

総説
インフルエンザパンデミック―今そこにある危機―
小澤 真, 河岡 義裕
〔感染症誌 80: 1~7, 2006〕
総説
日本の新型インフルエンザ対策は万全か 国民の25%を確実に治療できるタミフルの備蓄を
菅谷 憲夫
〔感染症誌 80: 8~12, 2006〕
総説
慢性上下気道感染よりの検出菌とその治療戦略―副鼻腔炎を中心として―
鈴木 賢二
〔感染症誌 80: 13~18, 2006〕
総説
分子医真菌学の新展開―Cryptococcus neoformasns研究を中心にして―
川本 進
〔感染症誌 80: 19~26, 2006〕
原著
本邦における小児化膿性髄膜炎の動向(2003~2004)
砂川 慶介, 野々山 勝人, 大石 智洋, 岩田 敏, 秋田 博伸, 佐藤 吉壮, 生方 公子, 千葉 菜穂子, 長谷川 恵子
〔感染症誌 80: 27~38, 2006〕
原著
安全装置付き翼状針導入による針刺しに対する効果
鈴木 理恵, 木村 哲, 新谷 良澄, 内田 美保, 森澤 雄司, 奥住 捷子, 吉田 敦, 菅野谷 幸恵, 森屋 恭爾, 小池 和彦
〔感染症誌 80: 39~45, 2006〕
症例
遷延する水痘帯状疱疹ウィルス感染による多発脳神経障害を来し,抗レトロウィルス療法にて改善したHuman immunodeficiency virus感染の1例
武岡 宏明, 鄭 湧, 村田 昌之, 古庄 憲浩, 鍋島 茂樹, 山路 浩三郎, 岸原 康浩, 林 純
〔感染症誌 80: 46~50, 2006〕
症例
Helicobacter pylori除菌治療後に偽膜性腸炎を発症した1例
久保 徳彦, 河内 修司, 有山 巌, 村田 昌之, 古庄 憲浩, 林 純
〔感染症誌 80: 51~55, 2006〕
短報
本邦で初めて確認されたウエストナイル熱の輸入症例
小泉 加奈子, 中島 由紀子, 松崎 真和, 小井戸 則彦, 大曽根 康夫, 林 昌宏, 高崎 智彦, 倉根 一郎, 秋月 哲史
〔感染症誌 80: 56~57, 2006〕

PDFを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です